プロフィール

中島祥貴

Author:中島祥貴
六本木の開業税理士のブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

「黒字経営成功講座」 六本木の中島税理士・行政書士代表中島祥貴のブログ
黒字経営で会社を成長・永続させる成功講座について語ります 【http://www.zeirisi.info】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年から源泉所得税が安くなる?

来年1月から給与から源泉徴収される所得税がやすくなることを知っていますか?

知らない人は、平成19年1月以降適用分の源泉徴収税額表を見てください。

あれ?

前、所得税の納税額が増えるっていっていなかったけって?

そう、定率減税が廃止されてきている分は増税になります。

しかし、三位一体改正で地方へ税源を移譲するため、所得税を住民税に平成18年度税制改正で所得税・住民税の税率が変更され、平成19年より適用されることとなっています。

実質的な税負担が現行と変わらないように設定されています。

つまり、所得税が減ってその分住民税が増える。

来年は手取りは増えるけど、再来年の手取りは減るってこと?

住民税を特別徴収にしている人は、そういうことになりますね。

なんだ、税金が減るんじゃないんじゃんって。

そう、源泉所得税が減るだけです。

ただし、課税所得が900万円を超える人は源泉所得税は増えます。
その分、住民税は減ります。
だいたい給与1,100万円チョットもらったいる人です。

チョット空喜びでしたね。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。