プロフィール

中島祥貴

Author:中島祥貴
六本木の開業税理士のブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

「黒字経営成功講座」 六本木の中島税理士・行政書士代表中島祥貴のブログ
黒字経営で会社を成長・永続させる成功講座について語ります 【http://www.zeirisi.info】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の気持ちになって考える
子どもの頃、

相手の気持ちになって

考えなさいと言われました。



これは、仕事においても

当然です。



飲食業などのサービス業では

特に顕著に

これが店の売り上げに反映されます。



しかし、飲食業だけでなく

事務系の我々の仕事もそうです。

最近、職員によく言っています。

「自分がお客さんの立場だったら、それで満足か」

「あなたが税務署の立場だったら、何も文句をつけないか」



私たち、税理士や会計事務所の職員は

税法に則り、中立公平な立場で

判断しなければいけません。



とは、いっても

基本はお客さんの味方です。



お客さんが

正しい判断ができるように、

間違った会計処理や税務手続きをしないように、

常にお客さんの立場で

助言を行います。



その際、

その判断があと後

税務調査などで覆されないように、

税務署はこの判断に対して

どのように考えるだろうか、

何か文句をつけてきたときに

対応するために

どのような対処をしておくべきか、

税務署がするであろう

判断と対応を予測し、

それに備える準備をします。



例えば、

すぐに対応できるように

必要書類を作成、保存する。

税法上で

しっかりと根拠確認をする。



当たり前のことですが、

最近、他の会計事務所や税理士の

話を聞くと

これが、全くできていないと感じます。



今まで、

自分は自分。

自分がベストを尽くせば良い

という考えで、

他の税理士のことに関心を持っていませんでした。



しかし、最近聞く話は

本当にこれで良いのかと思う話が多々あります。



そんな話を聞くと

それだったら、自分が関与してあげることによって

もっと、そのお客さんは

安心して仕事ができる。

だからこそ、

顧客拡大をし、

もっといろいろな方に

良いサービスを提供したい。

そう強く思うようになりました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://show1001.blog63.fc2.com/tb.php/566-9a2bac33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。