プロフィール

中島祥貴

Author:中島祥貴
六本木の開業税理士のブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

「黒字経営成功講座」 六本木の中島税理士・行政書士代表中島祥貴のブログ
黒字経営で会社を成長・永続させる成功講座について語ります 【http://www.zeirisi.info】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れという言葉
東日本大震災で

被災した人たちに

なんと言葉をかければよいのか?



その当事者ではない人には

被災者の本当の苦しさやつらさは

わかりません。



一所懸命

なんか声をかけよう。

励ましたいと思い、

出てくる言葉が

「頑張ってください」



この「頑張れ」という言葉、

時として

言われた人を苦しめてしまうことが

あるようです。



自分は精一杯頑張っている、

それなのに

まだ頑張れと言われる。

これ以上何を頑張ればいいんだ。

と、パニックや限界を超えてしまうことが

あるようです。



当事者でないと

わからないことが

たくさんあります。

そして、

精一杯頑張って、

限界ぎりぎりにいる人は、

精神的にも追い詰められています。



では、そんな人には

なんと声をかければよいのでしょう。



「頑張っているね」



あなたのことを

見ているよ。

あなたが

頑張っているのを

知っているよ。

と認めてあげることです。



そうすると、

その人は

一人じゃないんだと、

心の緊張がほぐれます。



言葉は

使い方によっては

人を傷つけることが

あります。

特に精神的に傷ついている人には

気をつけて使っていきましょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://show1001.blog63.fc2.com/tb.php/590-048a7191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。